長崎ジュニアトライアスロンについて

チームについて

「長崎市トライアスロン協会ジュニアアスリート育成プログラム」としてスタートしました。
トライアスロンやアクアスロンなどのの大会に出場し活躍することを目標に、練習をがんばっています。長崎県代表として国体に出場することが一番の目標です。

練習は毎週日曜日です。長与の海洋スポーツ交流館前10時集合で、車の少ない道路を利用してバイクやランの練習をしています。

ランの練習風景

スイムの練習は選手がそれぞれ所属しているスイミングクラブで練習しています。夏休み海水浴場で海スイム(オープンウオータースイム)の練習もやります。

おそろいのユニフォームで気分も上がります!
時にはMTBでバランス感覚を養います

メンバー構成

・選手

現在小学4年生から高校3年生まで30人が登録しています。選手たちは所属しているスイミングクラブで水泳の大会に出場したり、陸上部の大会に出場したりするので全員が揃うことはありません。普段の参加人数は10人前後です。

・コーチ

山野 健二

代表

指導資格:日本スポーツ協会公認「トライアスロンコーチ1」

1988年トライアスロンに出会い、九州各地の大会や日本選手権、アジア選手権など様々な大会に出場した。現在長崎県トライアスロン協会理事で強化育成委員長、トライアスロンが正式競技になった岩手国体から昨年の茨城国体まで監督を務める。

Profile Picture

井手 善彦

コーチ

指導資格:日本スポーツ協会公認「トライアスロンコーチ1」

長崎県のトップ選手として、県内外の多くの大会に出場している。入賞実績多数。ランナーとしてもフルマラソンでサブ3の記録を持つ。高校生男子など力のある選手たちのバイク練習は自らバイクで伴走し、選手たちをハイペースで引っ張る。今後の活躍が期待される現役選手である。

Profile Picture

境 優希

コーチ

指導資格:日本スポーツ協会公認「トライアスロンコーチ1」

2012年インカレ(日本学生選手権)8位、2014年日本選手権35位、2018年福井国体、2019年茨城国体に長崎県代表として出場するなど長崎県のトップ選手として全国レベルの大会に出場している。ジュニア選手たちへの指導は、本人の経験を活かし、最終目標を国体や日本選手権出場においた練習メニューである。

Profile Picture


ほかに指導スタッフとして長崎大学トライアスロン部に協力してもらっています。

レンタルバイク

チームは自転車ショップ「サイクルロッジタニグチ」からロードバイクのサポートを受けています。トライアスロンを始めるにあたり、いきなりロードバイクを購入することに不安がある選手のため、10台のレンタルバイクを提供してもらっています。しばらくレンタルバイクを使い、本格的に取り組むと決めたら、自分用のロードバイクを購入することができます。バイクのサイズも身長140㎝以下の選手が乗れるものから160㎝前後の選手が乗れるものまで揃っています。

サポート店

サイクルロッジタニグチ 長崎店
TEL:095-865-8918

サイクルロッジタニグチ 大村店
TEL:0957-47-8020

Webサイト:https://cycle-lodge.com/

サポート店からのメッセージ

サイクルロッジタニグチとトライアスロン競技の関わりの歴史は深く、長崎県において、奈良尾トライアスロンは第一回からメカニック及び役員として連続参加五島バラモンキングとその前身であるアイアンマンジャパン五島、及び西海大島大会等にオフィシャルメカニックとして、トライアスリートの皆様のお世話を、親子2代でさせて頂いております。